PROFILE

川岸 良兼 Ryoken Kawagishi

経歴10歳からゴルフを始め、ジュニア時代からゴルフの才能を発揮し日本大学に進む。ゴルフ部では鈴木亨が主将、川岸が副主将を務め、在学中に日本アマ、日本学生など数々のタイトルを獲得し輝かしい成績をおさめる。<br>
1989年にプロ入り。翌1990年の「静岡オープン」でツアー初優勝。さらに関東オープンとABCラークカップでも優勝を果たし、年間3勝を挙げる。1991年にもポカリスエットオープンで優勝。新人選手としての目覚ましい躍進ぶりに加えて、大柄な体格から放たれる豪快なドライバーショットなどから“怪物”と呼ばれた。同じ日本大学出身の後輩丸山茂樹が、「入学して初めて川岸さんのゴルフを間近で見て、絶対に敵わないと思った」などと語るほどの才能の持ち主である。 実績【レギュラーツアー優勝歴】

1990年
静岡オープン
関東オープン
ABC主催ラークカップ

1991年
ポカリスエットオープン

1995年
JCBクラシック仙台

1999年
Phillip Morris Championship
マイナビABCチャンピオンシップ 趣味 将棋・読書
川岸 良兼
ゴルフ
所属
ミズノ
生年月日
1966年12月6日
出身地
石川県
出身校
日本大学
身長
180cm
体重
88kg