PROFILE

ストラヴコ・ゼムノビッチ Zdravko Zemunovic

ユーゴスラビア(現セルビア共和国)生まれ。 32歳で現役を引退し、ベオグラード体育大学にてコーチングライセンスを取得した後、 BSKバタニツァのコーチになり、シーズン途中より監督に就任。 就任1年目にしてリーグ戦、カップ戦の2冠を獲得。 翌年よりテレオプティクの監督に就任、3シーズン連続で優勝に導く。 ユーゴスラビア紛争の激化から95年に来日。 PJMフューチャーズでアシスタントコーチを務めた後、 99年に清水エスパルスのユース・ジュニアユース総監督に就任。 2000年12月にはトップチームの監督に。 迎えた天皇杯では準優勝し、01年ゼロックススーパーカップも制覇。 01年は1st、2ndステージともに4位の好成績を収め、 天皇杯を制し、02年ゼロックススーパーカップを2連覇。 03年に母国に戻るとラド・ベオグラードで監督を務めたが、05年に再来日。 現在は千葉県サッカー協会テクニカルアドバイザー、清水エスパルスの顧問。 永住権を得て、Jリーグ監督復帰を目指している。

経歴1988-90 BSK Batajnica(セルビア)監督

1990-92 FK Teleoptik(セルビア)監督

1992-94 Vozdovac(セルビア)監督

1995   PJMフューチャーズ(鳥栖)アシスタントコーチ

1999   清水エスパルスユース / Jr.ユース 総監督

2000-02 清水エスパルス 監督

2001-08 清水エスパルス テクニカルアドバイザー

2003-04 FK Rad Beograd(セルビア)監督

2005-   千葉県サッカー協会 テクニカルディレクター 実績セルビアリーグ優勝(1988/89)
ユーゴスラビアカップ、セルビアチャンピオンシップ優勝(1988/89)
セルビアリーグ優勝(1991/92)
ユーゴスラビアカップ、セルビアチャンピオンシップ優勝(1991/92)
天皇杯準優勝(2000)
ゼロックススーパーカップ優勝(2001、2002)
天皇杯優勝(2001)
アジアカップウィナーズカップ 3位(2001)
アジアチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出(2002) 言語 セルビア語、英語、日本語
ストラヴコ・ゼムノビッチ
サッカー指導者
生年月日
1954年3月26日
出身地
セルビア
出身校
ベオグラード大学(体育学部)