PROFILE

広澤 克実 Katsumi Hirosawa

和製スラッガーの代表格。ロス五輪金メダル。 1984年、ドラフト1位で明大~ヤクルトに入団。1994年巨人に、2000年阪神に移籍。 プロ野球史上、巨人・阪神の両球団で4番を勤めた唯一の選手となる。引退後は解説者として活躍。 野村、長嶋、星野とタイプの違う指揮官の下での経験から独自のマネージメント論を持つ。

経歴ヤクルトスワローズ(1985年〜1994年)
読売ジャイアンツ(1995年〜1999年)
阪神タイガース(2000年〜2003年)

実績・打点王:2回(1991年、1993年)
・最多勝利打点:2回(1990年、1992年)
・ベストナイン:4回(1988年、1990年、1991年、1993年)
・1180試合連続出場(1986年10月12日〜1995年10月8日)
・サイクルヒット(巨人時代の1997年9月26日達成)
・オールスターゲーム出場:8回(1987年〜1994年)
・オールスターゲーム最優秀選手(1991年第2戦) テレビ ・サンテレビ 野球解説
・TBSスポーツニュース「S★1」 新聞 ・スポーツニッポン 野球解説
・日本経済新聞社コラム 「ダイアモンドの人間学」 著書 「インパクトから考える新しいバッティング論」 ベースボールマガジン社
役職 ・東北福祉大学特任講師
・カンボジアナショナルチーム コーチ
・日本大学スポーツアドバイザー
講演 タイトル「私の野球人生 ~野村、長嶋、星野監督に学んだこと~」
広澤 克実
野球評論家
生年月日
1962年4月10日
出身地
茨城県
出身校
栃木県立小山高校、明治大学
身長
185cm
体重
99kg