PROFILE

武田 美保 Miho Takeda

1976年9月13日京都府生まれ。 5歳から水泳の名門、京都踏水会にて水泳を始め、7歳からシンクロコースに転向。 13歳の時に、井村シンクロクラブに移籍。ジュニアの日本代表に入る。17歳でナショナルA代表入り。 1997年より立花美哉選手とデュエットを組み、 その後日本選手権7連覇を果たした。 2001年世界水泳福岡大会ではデュエット、金メダル。 アトランタ、シドニー、アテネの3つのオリンピックで、銀・銅・合わせて五つのメダルを獲得。 (夏季五輪において日本女子歴代最多タイのメダル数) 引退後、シンクロ解説やCMへの出演、シンクロを用いたショーにも積極的に参加。
2010年4月、厚生労働省認可資格「肥満予防健康管理士(ダイエットアドバイザー)」を取得。 同時に、三重県で小中学生を対象にシンクロの指導をはじめ、2011年に生徒が初の ジュニアオリンピックに出場。 ジュニアの育成にも力を入れている。2011年10月1日、三重大学特任教授就任。 大学では「スポーツと社会連携」や「セカンドキャリアのシステム」に関する講義を受け持つ。 2012年12月4日、三重県ユニセフ協会 名誉会長就任。 2013年1月、文部科学省「教育再生実行会議」の有識者メンバーに選出される。 2016年9月、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「地方創生インターンシップ推進会議」の委員に任命をされる。TOKYO2020では聖火リレー検討委員を務め、大会期間中にはアーティスティックスイミング競技を解説。現在もオリンピック出場経験をもとに、講演や企業研修、執筆なども積極的に行いながら、 全国各地で様々な活動を展開中。

経歴四天王寺高校 / 立命館大学 主な戦歴 1991年 ジュニア世界選手権(チーム1位)
1993年 ジュニア選手権(ソロ3位、デュエット2位、 チーム2位)
1994年 世界選手権(チーム3位)
1996年 アトランタオリンピック(チーム銅メダル)
1997年 FINAワールドカップ(デュエット・チーム2位)
1998年 世界選手権(デュエット・チーム2位) (アジア大会デュエット1位)
1999年 FINAワールドカップ(デュエット・チーム2位)
2000年 シドニーオリンピック(デュエット・チーム銀メダル)
2001年 世界選手権(デュエット1位)
2002年 FINAワールドカップ(デュエット2位)(アジア大会デュエット1位)
2003年 世界選手権(デュエット・チーム2位)
2004年 アテネオリンピック(デュエット・チーム銀メダル)
主な出演歴 【TV】
メ~テレ 「アップ!」 火曜隔週レギュラーコメンテーター

出演実績
TOKYO2020 アーティスティックスイミング競技 JC解説
関西テレビ「報道ランナー」月曜レギュラーコメンテーター
テレビ朝日「ワイドスクランブル」レギュラーコメンテーター
毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラーコメンテーター
朝日放送・スカイA「生駒佳与子・武田美保のゴルフSTEP」レギュラー出演
テレビ朝日「世界水泳選手権」シンクロナイズドスイミング解説者
テレビ朝日「シンクロワールドカップ」解説者
テレビ朝日「ミラクルナイン」「TOKYO応援宣言」
TBS「○○の妻たち」「リオオリンピック2016 シンクロデュエット フリールーティン決勝」スタジオ解説
関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」
日本テレビ「ナカイの窓」「行列のできる法律相談所」
メ~テレ「ドデスカ」
他多数出演

【CM】
2008年 ミニストップ「期間限定アップルマンゴーパフェ」

【書籍】
2011年 アスコム「一生太らない体を作るたった10秒の習慣」

【DVD BOOK】
2006年 テレビ朝日出版「ピラティスライフ」

【グッズ】
リベルタ「リフレクトコスメ」監修
アドヴァンシング「シンクロボーテ アクアシェイプスパッツ」「シンクロボーテ アクアシェイプガードル」監修
主な職歴 TOKYO2020 聖火リレー検討委員会 委員
教育再生実行会議 委員
内閣府税制調査会 委員
地方創生インターンシップ推進会議 委員
国立学校法人 三重大学 特任教授
公益財団法人 三重県体育協会 副会長
三重県 ユニセフ協会 名誉会長
武田 美保
教育・スポーツコメンテーター
生年月日
1976年9月13日
出身地
京都府
身長
165cm